So-net無料ブログ作成
検索選択
maintenance ブログトップ

大ワザ2連発 [maintenance]

いつものようにウィリーの練習をしていると、ってこれでまだ4回目だよ~(笑)
ヘッドチューブあたりからちょっと音がするので、早速メンテナンス。

まずはヘッドパーツのグリスアップだ。
順番にばらしていくと、お~下ワンのリテーナーがちょっと錆かげん。

あまり水をかけちゃいけない場所だとは知ってはいたけれど、
やっぱり雨の時に走るとこうなるんだと、妙に納得。

リテーナーはパーツクリーナーできれいにして、
ほかの部品はウェスできれいに拭きました。

そして今度はグリスアップして部品を順番に組んでいく。
最後にフォークを持ち上げたり、ステムに体重をかけたりして
フォークコラムがぐらつかないように、ステムを固定していく。

最後にハンドルとタイヤが真直ぐになっているかどうか
ちょっとずつ確認して調整しながらボルトをロックする。

やった~出来上がり~。

と普通はここで終わりにするんだけど、
今日はフロントハブもグリスアップしようっと!

今回は前に買ってあったベアリングに交換するんだ(^-^)v

DuraAceっていうのだよ。
ステンレスのボールベアリングで¥200くらいだったかな。
ひそかなチューンナップなり。

さて作業開始。

コンレンチでロックナットと玉押しを緩めて中からベアリングを取り出す。
ベアリングにグリスがついているのでなかなか出てこないんだなこれが。

苦労して左右のベアリングを取り出す(笑)

もちろんこのときハブシャフトやら玉押しやロックナットなどをきれいにしておく。

そして組付け。

片方にベアリングを詰めてその上にグリスを詰め込む。
一方に玉押しとロックナットをつけたハブシャフトそちら側から差込んで
残りのほうもベアリングとグリスを詰めてから玉押しとロックナットでふたをする。

この時、両方に飛び出しているハブシャフトの長さが同じくらいになるように注意。

また玉押しやロックナットの締め付け具合だけど、
硬すぎず緩すぎずって本に書いて有るけど、
あんまり良くわからないから(爆)

Ezの場合は、ベアリングが当り過ぎてゴリゴリしない位で固定するようにしているよ。

タイヤをつけて、ディスクブレーキを調整する。

ハブのグリスアップをした後はいつも微妙にディスクローターの位置がずれるらしく
タイヤを回転させると少し擦るので、必ず調整しなければならないのだ。

Avidのメカニカルディスクブレーキはダイヤルを回すだけで調整できるので、
結構簡単に調整出来る。

それでもちょっとだめな時には、
台座にブレーキ本体を固定しているボルトを緩めて
調整しなおせばカンペキ!

やっと出来上がりだ~
道具を片付けて、クレ・シトラスクリーナーで手をきれいにする。
ちょびっとアイスオ・レなんて作って飲んじゃったりして。

や~試運転、試運転。

う~ん、なんかいい感じ~
( ̄ー+ ̄) ニヤリッ

今までになくバッチリって感じでした。

ところで、ヘッドパーツのところで出てきたワンって、
最初は英語のワンだと思っていた。
でも変な名前だな~、何だろ~な~ってずっと思っていました。

そしたら何てことはない、
ベアリングなどを受ける椀のような形からきているんだと知りました。
って日本語かいっ!

どうも英語ではカップというらしい。
AとかBとかじゃないよ
↑↑( ̄□ ̄;)・・

ダウンチューブとかいろいろなパーツの名前は向うの名前が付いてるんだから、
全部それで統一してほしいよなって思っちゃったEzでした。

(((((≧∇≦))))))ブッハッハ ♪

そして...今日はせっかくメンテナンスしたのに、
雨で乗れず(TーT)


自転車を調整する訳 [maintenance]

買ったばかりというのに何でそんなに調整するの?

それはゴルフにちょっと関係がある。

ゴルフのスィングにも好不調があるんだけど、
悪くなってしまった時にはなかなかいい時に戻すのが大変なのだ。

いい時に漫然と打っていると、良く無くなった時には
その原因が皆目わからないのである。

こんなことを何遍も繰り返してきたので
キャリアだけはは20年くらいあるんだけどね)
いい時の状態を把握することの大切さを痛感している。

でも自分のスィングは(している最中に)自分では見ることが出来ない。
(そこが一番難しいところなんだな~。
自分ではしているつもりなのに、実際には出来ていないってね)

だからその状態をフィーリングで憶えておくしかないのだけれど、
このフィーリングっていうのが曲者で、
明日になると簡単に忘れちゃったりするのだ。

アレッとかいって、こんな筈じゃないんだけど...
それの繰り返しばっかりです(笑)

それでもちょっとしたことでいいフィーリングが戻ってきたりする。
だからいい時の状態の記憶っていうのが大切なのだ。


それと同じで、自転車も調子が悪くなってから修理したり調整するのは、
いい時の状態を知らないでやるのでは、ちょっと難しいと思うのだ。

いい状態を見たり知ったりしていれば、
完調とまではいかないまでもそれに近いところまでは
調整できる可能性はあるしね。

だから出来るだけ調子の良い状態を知りたくて、必要は無いかもしれないけど、
調整してみたり分解してみたりしている。

うまく出来たときは楽しいけど、
出来なかったときは悔しくて出来るまでやってみたい。

って、なんだかんだいっても好きだから出来るのかもね。

けっこうパーツ・メカオタクなんじゃん >> 自分 (笑)


フロントディレイラーをはずしてみた [maintenance]

おとといの晩、シフトワイヤーアウターインナーを交換した。
リアからやってフロントも順調に終わった。

はずだった...

よせばいいのに、メンテナンス本で見たフロントディレイラーの
ガイドプレートの位置調整をしてみようと、固定しているボルトを緩めた。

とその時、予想外にも位置がずれてしまった。

やばい...
今日は時間がないんだったよな~

位置を直そうにもインナーワイヤーが繋がったままではうまくいかない。

インナーワイヤーの固定を解除してみるもうまく調整できないようだ。

いろいろとやってみるも時間だけが過ぎていく。

タイムオーバー。
何とかインナーギアとミドルギアが使えるようになったところで終了。


きのうの晩、悔しいのでフロントディレイラーをはずしてみた。

よ~く構造を観察してみる。
そして再度チャレンジ。

こんどはおよその高さで仮固定。
ギアとガイドプレートが平行になっているかチェック。 OK!
アウターがわにガイドプレートをずらしてみてだいたい良いことを確認。OK!

インナーワイヤーをつないで変速してみる。
まだこの段階では微調整が必要なようだ。

調整用ねじで調整してみるが...
ガイドプレートが動かないぞ...
何回かまわしてみるが動かない...

こんなときには手で動かしてみればいい OK!
動いた動いた。
再度ねじを動かすとちゃんと動くようになっていた。

アウター側・インナー側 両方調整して OK!

なんだ簡単じゃん!
きのう出来なかったことがウソのようだった。

調子に乗ってメンテナンス本を見ながら、
クランクをはずしてグリスアップしてみた。
(細かい道具は少しずつ揃えています)

やれば出来るじゃん!
ちょっと嬉しかった。

でも、自転車のメンテナンスって、本に書かれているみたいに
堅いものじゃないような気もするんだけどね。


☆昔ロードマンに乗っていたときのパンクの修理の仕方です。

中学生のときにロードマンっていう自転車に乗っていました。
ドロップハンドルのセミスポーツ車でしたが
今のようにクイックレリーズレバーのあるタイプではありませんでした。

でも当時はみんなそういうホイールだったので、
パンクの修理の仕方は自転車屋さんで修理するのを見ているだけで
覚えてしまいました

まずパンクを修理する前に本当にパンクなのかを確認します。(これ大事な基本です)

もう一度空気を入れてみて空気が抜けてしまうことを確認。

次にバルブが緩んでいないかを確認。(けっこうあるみたいですよ)

本当にパンクだったら修理します。

まずタイヤレバーでタイヤを片側はずします。

つぎにバルブはタイヤにつけたまま8~9割方チューブを引きずり出します。

そして少し空気を入れます。

それからパンクしているところを探すのですが、
バケツと水があればチューブを水の中につければ
空気が出ているのですぐにわかります。

水がなければ目でキズを見つけて、見つかったらそこに唾をつけて見ます。
穴があいていれば泡が出来ます。

傷が見つかったら水を拭いてパッチを張ります。
ボンドで張るタイプはよく乾かしてヤスリをかけてからボンドをつけます。
ある程度ボンドが乾いてきてからパッチを貼り付けて、
ドライバーの柄の後ろなどの尖っていないような物で上から押さえつけます。

パッチがくっついたら、チューブをタイヤの中に戻してタイヤをはめます。

最後に空気を入れて出来上がりです。
バルブが緩んでいないかも確認します。

最近はやっていないので定かではありませんが、こんな感じだったと思います。

以上 Ezのメンテナンス(リペア)コーナーでした(笑)


maintenance ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。